クレジットカード現金化に関する話題

カード発行未経験=審査に落ちる!?クレヒスとホワイトの関係性

更新日:

これまで一度もクレジットカードを使ったことがないのに、なぜかカード審査に落ちてしまった30代サラリーマンのあなた。

その謎を解明するには、クレジットヒストリー「クレヒス」の仕組みを知る必要があります。

「そもそもクレヒスって何?」
「なんで借金も滞納もしてないのに審査に落ちるの?」

気になりますよね。当記事ではクレヒスの仕組みや、これまでカードを使ったことのない人がなぜ審査に落ちるのか、その原因についてお話しいたします。

クレジットヒストリーとスーパーホワイトの知られざる関係性とは

クレヒスとは
クレジットヒストリー、略して「クレヒス」は、その人の信用情報のことです。クレジットカードでの借入、返済状況などの情報がこのクレヒスに当たります。

各カード会社は、カード発行の申込があった際、信用情報機関に問い合わせて、その人のクレヒスを調べます。

そこで過去に返済を滞納していたことや、過去に自己破産や任意整理をしていたこと=事故情報のあることがわかった場合には、カード発行を断るというわけです。

スーパーホワイトの意味

クレヒスについてはおわかりいただけたかと思います。続いて、スーパーホワイトという語についてお話しします。

スーパーホワイトとは、これまで一度もクレジットカードを使ったことのない人のことです。つまりクレヒスがゼロであると。こういう人のことを「スーパーホワイト」といいます。

これまでカードを使ったことのない、経済的に安定している人が、このスーパーホワイトに該当するケースは多いでしょう。

だとすればカード審査に落ちる理由などないように思われますが、ひとつ問題があるのです。それは滞納などの事故情報は5年で削除されるということです。

スーパーホワイトか否か

過去に返済を滞納したことのある人は、カード審査には通らない場合が多いでしょう。

しかし事故情報は5年で削除されるので、5年待てばカード審査に通る可能性が出てきます。

そのとき、滞納をした人のクレヒスは、最後の滞納から5年間カードを使っていなければ、スーパーホワイトと同じ状態になります。

特に30代となりますと、年齢的にも、その人が本当にスーパーホワイトなのか、それとも信用情報が削除されただけなのか、見分けがつかないんですね。

これこそが、30代サラリーマンで、これまでにカードを使ったことのない人がカード審査に落ちてしまう理由です。

クレジットカードを発行するにはどうすればいい?

クレジットカード クレヒス
クレヒスがない人のことを「ホワイト」といいますが、これには二種類あります。

ひとつは、本当に初めてカードを作る場合の「通常ホワイト」です。たとえば20代の人からカード申込みがあって、その人の信用情報がまっさらであった場合、初めてカードを作る人=「通常ホワイト」であろうと判断されます。

他方、自己破産などの理由からカードが使えなくなり、一定期間が経過して事故情報が削除され、クレヒスがまっさらな状態になった人のことを「信用ホワイト」といいます。

信用情報に傷がついたせいで何もできず、数年して結果的にホワイトになった、という意味でしょう。

ここで考えていただきたいのは、30を過ぎた人物に一つもクレヒスが無かった場合、「通常ホワイト」と「信用ホワイト」のどちらに見えるか、ということです。

30を過ぎて、消費者金融や銀行カードローンを利用したことがない、分割払いやリボ払いも一回もしたことがない。これはちょっと不自然ではないでしょうか。

実際、そのような人はごく稀で、だからこそ30を過ぎてクレヒスの無い人物に対しては、審査が厳しくなるのです。

この問題を解決するには、どうにかして自分が信用ホワイトではないことを証明しなければなりません。

その方法は二つあります。ひとつは、各カード会社の営業に自ら交渉することです。

自分はスーパーホワイトで本当にカードを一度も使ったことがない、現在安定的な収入もあるし審査に通してほしい、とお願いします。カード会社の中には、このような申し出に応じてくれるところもあるようです。

もうひとつの方法は、スーパーホワイトをむしろやめるというものです。審査の緩いカードを作り、それを使ってローンを組む(分割払い・リボ払い)。そしてしっかりと返済をしていく。

このようにして返済実績を残すことで、カード会社に、俺はカードなんて作ろうと思えば作れるんだぜ、ローンも組める身分なんだぜとアピールすることができます。

問題は、では何のカードを作ればよいのかということです。クレヒスのない「ホワイト」でも発行可能な審査の緩いカード、果たしてそんなものが存在するのでしょうか?

ハウスカードなら通る可能性大

ハウスカードとは、ある特定の会社の商品の購入にのみ使えるカードのことです。

たとえば「コスモ・ザ・カード・ハウス」は、ガソリン給油などコスモ石油のサービスにのみ利用することができます。

使途が限定的であるため、破産の心配がなく、この手のハウスカードの審査は通常のクレジットカードよりも緩くなっています。

信用ホワイトなのか通常ホワイトなのかわからない場合でも、ハウスカードであれば発行してもらえる可能性が高いのです(詳しくはコチラ)。

ハウスカードを発行してもらったら、それで分割払いなどのローンを組んでしっかりと返済をしていきましょう。

そのようにしてクレヒスを積み上げ、1年ほどしてから、欲しいカードの発行申請を行います。しっかり返済できる人だと判断してもらえれば審査に通るはずです。

カードのクレヒスについてまとめ

以上、クレヒスとスーパーホワイトの関係性、カードを作ったことのない人が審査に落ちてしまう理由についてお話しいたしました。

本当にカードを作ったことがないだけなのに審査に落ちるのは、納得のいかない部分もありますが、滞納や自己破産をした人にカードを発行してしまうリスクを考えれば、それも仕方のないことなのかなという感じです。

カードを一枚持っておくと、買い物に使えるのはもちろん、いざとなればクレジットカード現金化にも使えるので便利ですよ。

みなさんも一度審査に落ちたからってあきらめずに、まずはクレヒスを積んでいくところから始めましょう。

今すぐクレジットカード現金化TOP

-クレジットカード現金化に関する話題

Copyright© 【即日クレジットカード現金化】ショッピング枠現金化優良店の口コミ比較 , 2017 All Rights Reserved.