ギフト券買取について

現金化に最適?アマゾンギフト売買の方法やコツ、注意点とは?

更新日:

クレジットカード現金化業者の換金率に納得がいかない、でも現金が欲しい……とお困りの大学生のみなさん。友達と飲み会や合コンをする予定でぎっしりなのに現金がないと不安ですよね。

「換金率の高い現金化をしたい」
「業者は使いたくない」

そんな人にはアマギフ売買がおすすめ。当記事ではクレジットカード現金化の一手法としてのアマゾンギフト券売買について、徹底的に解説します。

アマゾンギフト券ってそもそも売買できるの?方法やそのコツは?

アマゾンギフト券 現金化
アマゾンギフト券は売買することが可能です。いえ、Amazonはそれを推奨してはいないかもしれませんが、実際売買できるのは事実です。

そもそもみなさんは「アマゾンギフト券」とはどういうものかご存知でしょうか?

Eメールタイプ、カードタイプといくつかの種類がありますが、共通していることは、そのギフト券に記載の「ギフト券番号」をアマゾンのアカウント内で入力することで、そのギフト券の金額分の買い物ができるようになるということです。

そうなのです、重要なのはこのギフト券番号なのです。たとえば手元に届いたカードタイプのアマゾンギフト券があったとしましょう。

そのカードタイプに記載されているギフト券番号をメールで誰かに教えたとします。すると教わった人はそのギフト券番号をアカウントに登録し、利用することができます。

つまりアマゾンギフト券の特徴は、Eメールで簡単に授受することができるということなんですね。

たとえば、あなたが何かのおまけで1000円分のアマゾンギフト券をもらったとしましょう。

1000円じゃゲームソフトも買えないし、そもそもほしいものがあるわけでもないので、誰かに900円くらいで売ろうと考えます。

友人に一人、欲しいという人がいたので、900円を受け取り、ギフト券番号を送る。これで売買が成立しますね。Eメールのやりとりで事足りるわけですから、途中に仲介業者、運送業者を挟むことなく、スムーズに、個人間で直接売買をすることができます。

もちろんアマギフ買取業者に売ることも可能です。

個人でのクレジットカード現金化に最適

このようにアマゾンギフト券は個人で簡単に売買できるため、自分でクレジットカードを現金化したいという場合にはぴったりです。発行から売却まですべて自分で行うことができます。

たとえば、クレジットカードで10,000円のギフト券を購入したとしましょう。それをオークションサイトやフリマアプリに出品します。

値段は大体、9,000円前後といったところでしょうか。もしこれが売れれば、カードには10,000円の購入履歴が残りますが、9,000円という現金を手に入れることができます。アマゾンギフト券はこのように、クレジットカード現金化に使えるのです。

このときにひとつ注意していただきたいのは、売却したいギフト券の金額が高くなってくると、なかなか買い手がつかないということです。

5,000円のギフト券を10枚とか、10,000円のギフト券を5枚とか、個人的に売買する場合にはギフト券の額面(番号1個の金額)を低めにして、多くの人に売りさばくといった形にしたほうがよいでしょう。

また、フリマアプリやオークションサイトに出品する段階ではギフト券の発行は行わず、買い手がついてから発行したほうが損をする可能性が低くなります。

業者に売却もできる

アマゾンギフト券は業者に買い取ってもらうこともできます。金券ショップに航空券やコンサートチケットを売るのと同じような感覚です。

10万、20万といった大口の現金化を望むのであれば、業者を利用したほうがよいでしょう。というか、それだけの額のギフト券を自分で売りさばくのは、かなり難しいですし、時間がかかります。業者を利用するしかないかもしれません。

買取業者のメリットは、上述の通り、大口の現金化にも対応してもらえるということです。

デメリットは、自分で売却する場合よりも換金率が落ちてしまうということでしょう。

また、業者に買取を申し込んでから発行したギフト券でないと換金率を下げられてしまうというデメリットもあります。自分で売るか、それとも業者に依頼するか。

どちらが良いかしっかりと考えてくださいね。

アマゾンギフト券の換金率はどれくらいなの?注意点ってある?

アマゾンギフト券の換金率
みなさんご存知のように、アマゾンではありとあらゆる商品が販売されています。アマゾンさえあれば、生活必需品はほとんど揃うといっていいのではないでしょうか。

そのため、アマゾンでの買い物に使えるアマゾンギフト券は、ほぼ現金と同価値であり、現金化に用いた場合はそこそこ高い換金率に期待できます。

自分で売却する場合は、換金率は90%前後でしょう。10,000円のギフト券を9,000円で売る感じです。他方、業者に売却する場合は、換金率はだいたい80%前後といったところです。

クレジットカード現金化をしたことのない人は、これが高いのか低いのかわからないことだろうと思います。

それでは、アマゾンギフト券売買でないクレジットカード現金化をした場合(専門業者に現金化を依頼した場合)はどれくらいの換金率になるのかといいますと、70%前後です。

クレジットカード現金化業者のHPには換金率90%といった数値が並んでいますが、あれは最高値であり、かつ手数料差し引き前の数値です。

業者に現金化を依頼すると手数料を差し引かれ、実質的な換金率は70%台に落ち着きます。それと比べれば、アマゾンギフト券売買による現金化の換金率は、高いと言ってよいでしょう。

ギフト券番号の管理は厳重に

自分で売却するにせよ、業者に売却するにせよ、ギフト券番号の管理は厳重に行ってください。

ギフト券の売買をしていれば、もしかすると先にギフト券番号を教えてくれと言う人に出くわすかもしれません。

相手が実績ある買取業者であればいいのですが、個人であったり、オープンしたての業者であったりする場合は要注意です。番号だけ教えてもらって振込はしない、という詐欺師の可能性があります。

相手が個人の場合は特に注意しましょう。先にギフト券番号を教えるようなことは絶対にしてはいけません。

自分で売るリスク

アマゾンギフト券を自分で売る場合、「売れ残る」というリスクが常にあります。

特にそのギフト券の額面が高すぎたり、低すぎたりすると売れ残る可能性が高くなります。

もちろん、自分で発行したギフト券は自分で使うことができますので、その意味では無駄にはなりませんが――別に欲しいものもないのにカードでギフト券を購入した、これはもう散財以外のなにものでもありません。ですから極力、買い手がつくまではギフト券を発行しないほうがいいのです。

1,000円、5,000円、10,000円というふうに段階的に出品し、買い手がついた時点でその金額のギフト券を発行するのがベストですね。

アマゾンギフト券と現金化についてまとめ

以上、アマゾンギフト券の売買によりクレジットカード現金化についてお話しいたしました。

現金とほぼ同価値で、自分で売れば90%の高換金率も夢ではないアマギフ売買。みなさんもぜひ一度、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

今すぐクレジットカード現金化TOP

-ギフト券買取について

Copyright© 【即日クレジットカード現金化】ショッピング枠現金化優良店の口コミ比較 , 2017 All Rights Reserved.